Press "Enter" to skip to content

● SPLIKER社 マイクロギャップ

抜き精度を数値制御、世界標準の技術


Micro Gap(マイクロギャップ)

シリンダーのポジションを数値制御

刃先とアンビルロールとの間に生じる隙間(ギャップ)を、0.5ミクロンごと調節可能。
ロールの端部に備え付けられているつまみを回すことで、ロールが上下に稼動し、刃型の基材へ入り込む深さを微調整することができる。
ギャップ値については、つまみ部のアナログメーターを確認しながら操作可能。
抜き圧の調整が数値化されれば、オペレーターの経験値に限らず技術の一体化が図れる。

尚、ロール径や長さに応じてオーダーする事が可能となる。

 


Power Check(パワーチェック)

抜き圧を数値制御

パワーチェックは、加工機の両端上部へ取り付ける。
測定器2個セットの販売となり、加工機の左右の抜き圧を個別で測定できる。

尚、リピートオーダーの際には、測定器の数値に従えば、最適な抜き圧を再現でき、作業の効率化につながるだろう。